活性酸素についての基礎知識

活性酸素はがんの原因になる

活性酸素が増加をしてしまうと、徐々に細胞が老化してきてしまいます。老化の原因の一つとして挙げられ、細胞が酸化し、そして身体がさび付いてしまうことです。

 

そんな活性酸素が増えれば増えてしまうほど、細胞や血管というのは、サビてもろくなってしまうことになり、老化が進んでしまいます。細胞を覆っている細胞膜というのは、活性酸素の害が受けやすくなる不飽和脂肪酸を含んでいます。

 

活性酸素が蓄積されてしまいますと、これが酸化してしまい細胞が破壊され、免疫力が低下することによって、様々な生活習慣病を招いてしまうリスクが高まるのです。

 

活性酸素により酸化してしまった細胞というのは、多くのダメージを受けることになります。生命に関わってくるガンについても、酸化された細胞が傷つくことによって発生すると言われているのです。

 

傷ついてしまった細胞の細胞膜というのは、膜としての正常な機能を果たすことが出来なくなってしまいます。そのことから、ガンを発生させてしまう物質が膜を通り抜けてしまい、細胞内に侵入し、ガンを発生させると言われています。

 

さらに酸化作用の連鎖により細胞の核まで及んでしまうと、DNA(遺伝子)が傷つけられてしまうことになります。こうなりますと、身体の中で行われる様々な働きや遺伝子についての情報が、破壊され狂ってしまうことがあるのです。

 

最終的に、代謝に関わってくる重要な働きを持っているタンパク質が生成されなくなり、細胞の代謝に何かしらの異常が生じたり、ガン細胞に変化し、一気に増殖する可能性があります。

■活性酸素が原因で動脈硬化

 

また本来でしたら、無害となる成分が、酸化作用の影響によって変化してしまい、発ガン物質になってしまうといった指摘もあります。

 

このように活性酸素というのは、DNAを傷つけ、そして細胞に突然変異を起こさせ、さらにガンを発生させるといった非常に高い危険性を持っているのです。

 

動脈の血管内壁に対して傷や付着物が付いてしまうと、血管内が狭くなってしまい、血管そのものが硬くなり柔軟性を失ってしまいます。そうなりますと、血液がスムーズに流れることが出来なくなり、その結果血液が詰まりやすくなります。これがよく言われる動脈硬化です。

 

動脈硬化を引き起こしてしまうと、脳や心臓に血液が上手に届かなくなってしまい、生命に危険が及ぶこととなる脳卒中や心筋梗塞へと繋がってしまうのです。つまり、この動脈硬化のきっかけを作っているのが活性酸素なのです。