活性酸素についての基礎知識

活性酸素が発生する原因

活性酸素に関することを、最近ではテレビや雑誌などで頻繁に見かけるようになりましたが、そもそも活性酸素とはいったい何なのか気になります。

 

健康的な身体を維持するために必要な物質とされる活性酸素というのは、体内に侵入してきた細菌やウイルスを撃退することを目的として白血球から放出され、また殺菌・消毒の役割をすることとなりますが、それとは反対に体に対して悪影響を与えてしまうという面も持っています。

 

人間というのは約60兆とも言われている細胞によって構成されているのですが、細胞の外側の細胞膜というのは不飽和脂肪酸という油分で構成されています。

 

この不飽和脂肪酸が活性酸素と結びつくことによって、酸化し過酸化脂質に変化し、細胞が老化してきてしまいます。これは鉄が酸化して錆びてしまうのと同じことで、活性酸素の影響により体内でも酸化が発生し、体が錆びてくる結果になります。

■活性酸素の発生する原因

 

体内に吸収された酸素というのは、赤血球の働きにより細胞へ運ばれることになり、脂肪や糖分を燃焼させ、エネルギーを発生させます。その時に消費された酸素の中の2%は活性酸素に変化します。

 

また紫外線やタバコなどといった様々なものが活性酸素の発生と大きな関係を持っています。

 

喫煙をすることで肺ガンなどといった疾患を引き起こす原因となりますが、ガン細胞発生の原因とされる活性酸素を増やしてしまう要因になります。タバコの煙を吸ってしまうと、白血球はその煙を除去しようとし、多量の活性酸素を生成させます。

 

さらに、タバコの煙にも活性酸素の一つである過酸化水素が含まれます。また、抗酸化物質のビタミンCについても破壊されてしまうことになります。具体的にはタバコを吸うことによって1本で100兆もの活性酸素を発生させると言われています。

 

そしてストレスホルモンの一つであるコルチゾルが免疫機能で大切な役割を持つNK細胞の機能を停止させてしまい、生成される時に活性酸素を発生させます。

 

また紫外線の刺激を受けることで体内にて活性酸素が発生してしまいます。晴れた日に行う布団干し、また衣類の虫干しというのは雑菌に紫外線を浴びさせることによって活性酸素を大量に発生させることによって、雑菌を殺すことが目的となります。

 

他にも油の多い食事には要注意で、食事から摂取した脂質というのは腸内で分解されることとなりますが、分解されることなく残ってしまった分は肝臓で解毒され、代謝過程により、活性酸素が発生することになります。