活性酸素についての基礎知識

ミトコンドリアが関係する活性酸素

活性酸素というのは、病気や老化の原因となることで知られており、言うならば諸悪の根源のようなイメージを持っています。病気の原因となる活性酸素というのは、私達が酸素を必要としている以上に発生してしまうのです。

 

体外から呼吸をした酸素のうち最低2%は活性酸素に必ずなってしまうと言われています。この作用は残念なことですが、私達では防ぐことは不可能です。そもそも「酸化」と言われている化学反応によって、私達が生きていくためのエネルギーを生み出しているのです。

 

活性酸素の発生を防ぐことは出来ませんが、幸いなことに、私達の身体においては活性酸素を除去し、そしてその害を防ぐ仕組みがあります。それが最近テレビや雑誌などで広く知られるようになった抗酸化物質(スカベンジャー)と言われるものです。この抗酸化物質は私達の体内には沢山存在しているのです。

 

抗酸化物質というのは、活性酸素が周囲を酸化させてしまうのを防ぐ(抗酸化)働きを持っています。抗酸化物質と言いましても、単独の物質というワケではなく、酵素やタンパク質、ビタミンなどといったものがあり、それぞれ対抗をすることになる活性酵素や働きが異なっています。

■スーパーオキサイドディスムターゼという酵素

 

これらの中で、抗酸化力が最も強くなっているのが酵素なのです。
中でも「SOD=スーパーオキサイドディスムターゼ」と呼ばれている酵素というのは、この名称からも理解することが出来るかと思いますが、スーパーオキサイドラジカルを消去させる力を持ちます。

 

寿命が非常に短い酵素となりますが、その効果というのは抜群に高くなっており、一説によりますと1秒間に10億個とも言われる活性酸素に対して、酸素と過酸化水素水に分解することが出来るとも言われています。

 

過酸化水素水というのは、先述しましたオキシドールと同様に比較的弱い活性酸素となりますが、その他の活性酸素と比較をして安定しており、カタラーゼと呼ばれる別の酵素が酸素と水に変えます。

 

またスーパーオキシドラジカルというのは、体内においては最も多く発生することとなる活性酸素です。

 

発生するのは細胞内にあるエンジンと呼ばれているミトコンドリア内となります。このミトコンドリアというのは、エネルギーを発生する際には酸素が必要となり、この時に必ず一定の比率において活性酸素が発生してしまっているのです。

 

このことから活性酸素の発生とその除去というのは、セットになっていると考えることが出来ます。