活性酸素についての基礎知識

身体がサビ付く活性酸素

アメリカにおきましては、30年以上も以前からアブラナ科の野菜、そしてガンについての研究が頻繁に行われてきています。そして、アブラナ科の野菜に含まれているインドール 類と呼ばれる植物ホルモンが、発ガン性物質に対して解毒する働きを持っていることが判明したのです。

 

中でも特に大腸ガンと乳ガンに対して予防することがわかり、さらに多く摂れば摂るほどその効果が高まることがわかっています。

 

そんなアブラナ科の野菜に共通して含まれている成分についてですが、インドール類だけではなく、他にも「葉緑素」「カロテン」「イソチオシアナート」「グルコシノレイト」「ジチオールチオニン」などを挙げることができ、これらの成分に関しても抗ガンに働くとされているのです。

 

活性酸素を無害化することで、体がサビ付いてしまうのを防ぎ、その結果老化の進行を止めてくれるのはもちろんのこと、ガンを防ぐ特効食とも言えるのです。

 

イソチオシアナートというのは、特にキャベツに顕著であり、配糖体という形において多く含まれています。肝臓というのは、体内に侵入をしてきた発がん性物質を解毒させる酵素が存在していますが、このイソチオシアナートというのは、酵素の働きをサポートし、発ガン性物質が活性化してしまうのを抑制してくれます。

■抗ガン食品の一つ「キャベツ」

 

さらに活性酵素を除去する抗酸化力も非常に強力であり、ガンになる以前の異常細胞が増殖してしまうのを防止する働きもあるようです。

 

これらの働きというのは、ニンニクの臭い成分で知られているアリシンと呼ばれるものと同様の作用を持っているため、アメリカにおきましては、ニンニクに並ぶ抗ガン食品の一つとして、キャベツを挙げているのです。

 

またキャベツには、同様の抗酸化作用を持つビタミンCも比較的豊富に含まれており、葉の外側と芯側とでは含有量が異なり、外側の葉については、100g中55.4mgの含有量、そして中の葉には39.6mgに減ってしまい、芯のすぐ側にある葉では51.4mgに増えます。

 

このことから外の葉や芯の近くのまで使用するようにすることによって、ビタミンCを効率良く体内に摂取することが出来るのです。

 

抗ガン成分の一つとして知られるインドール類については水溶性となっているために、煮たり茹でたりしてしまうと、汁の中に約半分が損失してしまうことが研究によって報告されています。ですので、可能でしたら水無しで蒸す調理法がオススメです。