活性酸素についての基礎知識

覚えておきたい活性酸素とビタミン

活性酸素が生体膜に対して酸化しようと動き出してしまうと、ビタミンEがこの動きに対抗し、電子を提供することによって活性酸素を無害化させようとします。

 

電子が不足してしまい、不安定な状態となってしまったビタミンEに対しては、ビタミンCが電子を提供することによって元通りに再生させていきます。ビタミンCというのは、ビタミンEの機能を復活させ、その結果酸化を抑制させる能力を保たせるといった非常に重要な働きを持っているのです。

 

ビタミンCというのは、体内の尿酸が酸化されてしまった時でも、同様の働きをして電子を提供していきます。電子が不足してしまったビタミンCに関しましては、ビタミンBが電子を提供してくれますが、酸化されてしまったビタミンCの殆どは体外にそのまま排出されることとなります。

 

このように、ビタミン類というのは、体内にて発生する活性酸素に対し効率よく連携を繰り返すことによって酸化作用を抑制させているのです。

 

ちなみに、ビタミンCについては、体内で蓄えることは出来ず、排泄されるサイクルに関しても早い特徴がありますので、酸化されてしまったとしても有害化してしまう心配はいりません。

 

さらにビタミンCというのは、抗酸化作用だけに限ったことではなく、他にもさまざまな働きを持っていることで知られています。まず、細胞の結合組織として知られるコラーゲンに働きかけ、血管や皮膚、粘膜、骨などといった細胞をしっかりと固め、さらに強くすることが出来ます。

■様々な病気を予防するビタミン類

 

この作用はガン細胞の発生を抑制させるためにも役立ちます。発ガン物質であるニトロソアミンを抑制させる効能もあります。

 

また、ウイルスに対して攻撃をしたり、免疫機能を持っている白血球の動きを強化させる作用があるために、ビタミンCを豊富に摂取することによって、風邪などといった感染症を予防することに繋がるのです。

 

ビタミンEについてですが、活性酸素を無害化させてあげることによって、細胞をいきいきとさせてくれます。これは、体の機能や肌の老化が進行してしまうのを予防することにも繋がります。このことから若返りのビタミンと呼ばれることもあります。

 

また、血行を改善させる働きも併せて持っているために、肩こりや冷え性、しもやけ、頭痛などといった症状にも効果を期待することが出来ます。

 

ビタミンEについては黄体ホルモンの材料にもなりますので、ビタミンEを摂取することによって、更年期障害対策や改善をすることに繋がるのです。